カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

ソーシャルビジネス“進化”アカデミー

Published / by admin

一般社団法人DSIAは、株式会社イトーキ・オフィス総合研究所との共催で、以下のようにソーシャルビジネス“進化”アカデミー【全6回】を2015/12/12〜2016/05/14の期間で開催します。

詳細はアカデミーSBSAをご覧ください。

ビジネスパーソンは、どのように社会に変化をもたらせるのか?
~部署/組織/セクターを超えた仲間でSocial Innovationを起こすワークショップ~

第1回 2015年12月12日(土)
トークセッション:ソーシャルイノベーションとは何か
ファシリテーター:鈴木 崇弘 氏・谷口 政秀 氏・内藤 達也 氏・亀田 和宏 氏・島 裕 氏・服部 篤子 氏<タイムスケジュール>
13:30~13:35(5分)  ご挨拶(全体説明)
13:35~14:30(55分) 基調鼎談(ソーシャルイノベーションとは何か)
14:30~14:45(15分) 休憩
14:45~16:15(90分) 「編集的創造性」ワークショップ
16:15~16:30(15分) 休憩
16:30~17:30(60分) パネルディスカッション(ビジネスパーソンは、どのように
社会に変化をもたらせるのか?)
※終了後、B1Fの「世界食堂」にて懇親会を予定しています。

お申し込みはこちらからお願いします。

復興に向けて

Published / by admin

東日本大震災の復興にむけて、長い道のりを加速化するために、民間のリソースを集めるしくみを考えたいと思います。

1、「そらキッチン」プロジェクト
2、「復興のタネ」プロジェクト

1、そらキッチンプロジェクト

企業と社会セクターの連携による「都市間循環型スキーム」の構築にむけて一緒に取り組みませんか。
「プラカデミアサロン」から生まれた「そらキッチン」(二子玉川の「カタリストBa」を拠点)にて進めてまいります。
クリエイティブシティを目指して再開発が活発化しているエリアです。
以下、開催するイベントのテーマの1つとしても話し合いをはじめます。
サイトはこちらです。
————————————————————–
国際大学GLOCOM イノベーション行動科学フォーラム
『組織をイノベーションに向かわせるゲーム思考:
―「HUB型ソーシャルラボ」と「フューチャーセンター」への誘い―』
————————————————————–

■野村恭彦(GLCOM主幹研究員/富士ゼロックスKDIシニアマネジャー)
 服部篤子(CAC―社会起業家研究ネットワーク代表/DSAI常任理事)
■日時:2011年4月26日(火) 15:00-18:00 ★3月23日から再設定★

================================

■会場:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
 港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2F
(http://www.glocom.ac.jp/access/)
■参加費:無料
■定員:50名(定員となりましたので締め切らせていただきましたが、キャンセル待
ちは受付中)

2、<復興のタネ> 日本が復興(新興)するための中長期的な政策アイディアプロジェクト
賛同者の一人として参加していきます。
詳細は、以下のサイトをご覧ください。

ソーシャルイノベーションの成長には

Published / by admin

「ソーシャルビジネスの成長戦略とイノベーション」
Developing Strategies for Social Business and Innovation

日時:12月3日
会場:東京アメリカンセンターホール

社会課題を意図したソーシャルビジネスが成長し、
社会に普及するにはどうすればいいでしょうか。
社会的経済的双方にリターンを得る組織戦略はどうあるべきか、
どのような人材が今後求められるのか、
日米印で議論する国際会議をDSIA主催、
東京アメリカンセンター(米国大使館)共催で開催しました。

参加者は、
企業のソーシャル・イントラプレナー、
NPOのリーダー、社会起業家
中間支援団体、
研究者、財団評価者など。

仮説「営利と非営利セクターの人材と発想を融合させること」

インドのシャクティプロジェクトのように、
企業と政府、NGOがうまく連携して
経済的、社会的双方のインパクトを出すことに成功した本プロジェクトは、
その間に、連携を促す組織と人材がいました。
日本においても、
そのコーディネートができる調整型リーダーの育成、
体験と思考を交差できるアントレプレナーシップ教育
創造される経済的、社会的価値を認識し、伝えるコミュニケーションツールの開発、
組織、そして、セクターを超えて議論する場「ナレッジハブ・サロン構想」など、
提案がありました。

会議を受けて、
新年度から、
具体的に、
営利と非営利を超えて連携し、ソーシャルビジネスを創造する場を提示していきます。