カテゴリー別アーカイブ: Social Innovation

”未来の組織態”で社会課題に取り組むプログラム

Published / by hattori

第5回プラカデミアサロンを開催します。

「プラカデミアサロン」は、企業人、社会起業家、研究者等が組織の壁を超えて集い、実務(プラクティス)と学習(ア カデミア)を融合させ、各社の強みや本業を活かしながら、具体的な社会課題の解決(社会イノベーションの創造)を目指していく半年間のプログラムです。

今年は、復興に取り組むグループの気仙沼の現場に訪れ、企業人と社会起業家たちが事業展開を話し合います。

セクターを超えて解決策を見出し、次の一手を打つ・・・、そのスタイルがイノベーションを起こす主体としての近い将来の組織態ではないかと考えます。

また、福祉の現場も訪れ、施設か、家庭か、という選択肢ではなく、コミュニティで取り組むヘルスケアについて考えます。

詳しいプログラムと日程は、以下ブローシャーをご覧ください。

Pracademia案内PDF

 期間:2012年10月3日~2013年2月

会場:カタリストBA(二子玉川駅前東急RISEビルオフィス棟8階)

問合せ先:国際大学GLOCOM、イノベーション行動科学デスク、仁平info_ibs@glocom.ac.jp

震災復興とソーシャルイノベーション

Published / by hattori

復興にむけてソーシャルイノベーションを起こすことが不可欠だと思います。

これまでの常識、価値観を変えていく作業が必要だからです。

社会セクター、民間企業とともにいかに進めていくことができるのか、真正面から取り組んでみたいと思います。

宮城県気仙沼、岐阜県高山からのゲストに加え、各国でアントレプレナーシップを育成し、その事業の成長を支援してきた米国の専門家を迎えて討論会を開催します。「復興住宅と雇用」をキーワードにコミュニティの再生に向けて、課題を整理し、具体的に展開のしくみを考えます。

======================

東京アメリカンセンター & プラカデミアサロン

◆日時:121日(木)13時半~17

◆会場:CATALIST-BAカタリスト場(二子玉川駅前RISEビル8階)

 *同時通訳

第一部> 講演

Can entrepreneurship save the world? アントレプレナーシップは世界を救うことができるのか?

エルミラ・ベイラズリー(国際関係ライター、社会起業家支援・元エンデバー政策担当副代表)

 <第二部> フューチャー・センター・セッション(ダイアローグ)

匠と地域資源を活かす「復興住宅」と雇用を考える

◆ゲスト

上野英二氏(オークヴィレッジ木造建築研究所 建築家、オークヴィレッジ株式会社専務取締役)

 畠山信氏(NPO法人森は海の恋人 副理事長)

 鈴木崇弘氏(日本政策学校理事。城西大学大学院・中央大学大学院客員教授。政治・政策研究が専門。)

 ==================

主催:東京アメリカンセンター・米国大使館

共催:一般社団法人DSIA

共催:国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)

GEW(Global Entrepreneurship Week)JAPANの一環です。

参加費:無料

===================

申し込み方法 以下のURLからお申し込みください。
https://docs.google.com/spreadsheet/embeddedform?formkey=dDFiTGhUMVNEdjROSFplTXR6c1BKZGc6MA

問い合わせ先・・・国際大学GLOCOM イノベーション行動科学デスク(仁平):info_ibs@glocom.ac.jp

開催趣旨【仮説住宅はなぜプレハブなのか?】はちらしをご覧くださいflier_Tac_pracademia_2011Dec01

 ====================

第2部ファシリテーター

 エルミラ・ベイラズリー(国際経済開発ライター。社会起業支援、特に成長戦略が専門。)

 服部篤子(CAC社会起業家研究ネットワーク代表・一般社団法人DSIA常任理事。ソーシャルイノベーションを推進。)

 野村恭彦(国際大学GLOCOM主幹研究員・富士ゼロックスKDIシニアマネジャー、知識創造型組織づくりの専門家。)

 平田裕之(一般社団法人環境パートナーシップ会議、エコアパートづくりの実践者)

ほか、SocialLaboキッチンメンバー。

 

 

 

プラカデミアサロン2011 ”社会イノベーションラボ”スタート

Published / by hattori

 

プラカデミアサロンは進化しています。

プラカデミアサロンは、企業の人々と社会起業家との対話を通じて、ソーシャルイノベーションを起こす糸口を見出す試みです。

今年のテーマ「ヘルスケア」、「コミュニティ」のイノベーションに組織を超えて取り組みます。

次のマーケット創造にむけてプロセスを共有することで、各自の発見と新たなアクションにつながるものと期待するものです。

プラカデミアは、ソーシャルイノベーションへの入口になるかもしれません。

申し込み方法は、GLOCOMのサイトから

http://www.glocom.ac.jp/2011/10/2011.html

プラカデミアサロン2011のプログラム概要(8回)

会場: カタリストBA(二子玉川RISEビル8F・2回目以降)または 国際大学GLOCOMホール(六本木・初回)

プラカデミア2011ちらしです。

1. 高齢化社会のヘルスケア・イノベーション
第1回 「ケアビジネス・イノベーション」・・・10月12日(水)16:00~19:00<3h> @GLOCOMホール(六本木)
八王子で“市民の市民による市民のための病院”を実践している北原脳神経外科病院 北原茂実理事長にお話しを伺います。
      →第1回は参加無料、どなたでもご参加いただけます。

 第2回 「ヘルスケア・イノベーション」・・・11月9日(水)14:00~17:00<3h> @カタリストBA(二子玉川)
アートによって人間性を回復することを目指して活動を展開しているArts Aliveの林容子さんをゲストにお迎えします。

2. コミュニティ・インフラ市場
第3回 「都市内コミュニティ・イノベーション」”場づくり”・・・11月16日(水)14時-17時 伊藤 勝氏(広告製版社 SHIBAURA HOUSE)

第4回 「地域活性コミュニティ・イノベーション」”人づくり”・・・12月7日(水)14:00~17:00<3h>@GLOCOM(六本木)予定
牧場全体として、グリーンツーリズム・酪農教育ファームによる都市部住民との交流を積極的に展開し、牧場体験学習などを受け入れている「くずまき高原牧場」より木村元思さんをお迎えします。

3. フューチャーセンターセッション
第5回 「ヘルスケア×コミュニティ」の未来シナリオ・・・1月18日 14:00~17:00<3h>

4. ソーシャルイノベーション・デザイン ~プラカデミア流ビジネスをデザインする~
第6回「社会イノベーションデザイン(1)ワークショップ」・・・2月1日 14:00~17:00<3h>
第7回「社会イノベーションデザイン(2)ワークショップ」・・・2月15日 14:00~17:00<3h>
第8回「発表会」(公開イベント)・・・2月29日 14:00~17:00<3h>