復興に向けて

東日本大震災の復興にむけて、長い道のりを加速化するために、民間のリソースを集めるしくみを考えたいと思います。

1、「そらキッチン」プロジェクト
2、「復興のタネ」プロジェクト

1、そらキッチンプロジェクト

企業と社会セクターの連携による「都市間循環型スキーム」の構築にむけて一緒に取り組みませんか。
「プラカデミアサロン」から生まれた「そらキッチン」(二子玉川の「カタリストBa」を拠点)にて進めてまいります。
クリエイティブシティを目指して再開発が活発化しているエリアです。
以下、開催するイベントのテーマの1つとしても話し合いをはじめます。
サイトはこちらです。
————————————————————–
国際大学GLOCOM イノベーション行動科学フォーラム
『組織をイノベーションに向かわせるゲーム思考:
―「HUB型ソーシャルラボ」と「フューチャーセンター」への誘い―』
————————————————————–

■野村恭彦(GLCOM主幹研究員/富士ゼロックスKDIシニアマネジャー)
 服部篤子(CAC―社会起業家研究ネットワーク代表/DSAI常任理事)
■日時:2011年4月26日(火) 15:00-18:00 ★3月23日から再設定★

================================

■会場:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
 港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2F
(http://www.glocom.ac.jp/access/)
■参加費:無料
■定員:50名(定員となりましたので締め切らせていただきましたが、キャンセル待
ちは受付中)

2、<復興のタネ> 日本が復興(新興)するための中長期的な政策アイディアプロジェクト
賛同者の一人として参加していきます。
詳細は、以下のサイトをご覧ください。