電子化が債権にも!福岡銀行で開始した「でんさい」のメリット

西日本では一般的だった手形取引ですが、近年ではこれらの債権を電子化する動きが強まっています。福岡銀行でサービスが開始した「でんさい」のメリット・デメリット、ファクタリングとの差異についてまとめました。

福岡銀行でも開始!でんさいサービスとは

でんさいの公式サイト

福岡銀行をはじめ、西日本の多くの金融機関で「でんさい(電子債権)」を取り扱う動きが広まっています。
“債権をより流動的に”というコンセプトの基ではじまった当該サービスですが、従来の手形取引や債権譲渡にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
サービスの概要やファクタリングとの関係性等について解説したいと思います。

手形とでんさいの違い

でんさいサービスは、従来紙で発行していた手形を電子化しペーパーレスを図るとともに、債権の譲渡を簡易化する狙いの基で開発されました。
でんさいの基本概念は「従来の手形」とほぼ同様ですが、厳密には以下の違いがあります。

・電子データの送受信による取引が可能
・一部譲渡(分割)が可能
・紛失、盗難リスクがない

でんさいは手形を電子化

紙ベースの手形の場合、譲渡は専ら手渡しによることがほとんどでしたが、電子化したことによりデータ移動による引渡しが可能となりました。
また、手形金額の一部を譲渡することは手形のシステム上不可能でしたが、電子化により1円単位で譲渡(売却)することが出来るようになった点も大きなポイントです。
さらに、従来の手形ですと「偽造」が容易であったため犯罪に利用されやすいというデメリットがありましたが、でんさいは特別なデータによって構築されている上にID・パスワード等が必要なため、このような心配がありません。
また、同様の理由から盗難や紛失といった恐れもありません。

でんさいと一般債権の譲渡の違い

まず、一般債権は悪意ある譲渡人による二重譲渡の危険性がありますが、でんさいの場合はデータの移動によって債権者が変動しますので、このようなリスクがありません。
また、売掛先(元請)への通知等が不要で譲渡・割引が行えるので、現金や小切手のように使用することができます。

譲渡人のメリット 譲受人のメリット
・早期に現金化できる
・一部譲渡も可能
・二重譲渡リスクが無い
・未回収リスクが無い

そのため、より債権を流動的に利用することが可能となり、新たな決済方法としての注目が集まりつつあるのです。

でんさいのデメリット

でんさいを利用するには、譲渡人及び譲受人双方が「でんさいネット」にて専用口座を開設しなければなりませんので、事前手続きが面倒というデメリットがあります。
さらに、当該手続きには厳しい審査がありますので、中小企業からみると未だ敷居が高いと言わざるをえません。
また、銀行を経由して支払われるといっても、発行元が不渡りを出してしまうと当該債権は支払われませんので、従来の手形の「倒産リスク」は変わらず存在しています。
やり慣れた方法の方がやはり簡単である上に取引がスムーズですので、新たにでんさいを導入する企業は少ないのが現状です。

でんさいとファクタリングの違い

手形の売却のことを「割引」といいます。
手数料を支払った上で債権を買い取ってもらうため、契約の流れとしては「ファクタリング」とほぼ同じです。
ただし、手形の割引は手形法によって規制されているため、民法を根拠にするファクタリングとは厳密には若干の違いがあります。

遡及効(償還請求)があるかどうか

手形割引(でんさい割引)とファクタリングの最も大きな違いは「遡及効(償還請求権)の有無」です。
遡及効とは、簡単に言ってしまうと、万が一不渡りとなった場合に「債権の前持主(債権譲渡人)に請求できる権利」の事で、つまり債権の譲受人は譲渡人に対しても支払いを求める事が可能なのです。
一方で、ファクタリングの場合は遡及効がありませんので、仮にファクタリング会社に債権を売却した後に売掛先が倒産したとしても、譲渡人が責任を負うことはありません。

でんさい ファクタリング
取引方法 双方がでんさいネットの専用口座を開設 ファクタリング会社への債権譲渡
スピード 1~2週間 即日~3日
手数料 割引、譲渡など種類によって年利計算(手形と同じ) 債権の信頼性や種別(2社間・3社間の別)に応じて算出
償還請求権 あり なし
審査 割引申込した会社の与信審査 売掛先の与信審査

手形の需要が大きい西日本

でんさいは、手形を活用していた企業からの切り替えによる需要が大半を占めています。
大阪に国内最大規模の手形取引所があるなど、西日本では現在もなお手形取引の需要が大きい地域であり、福岡銀行をはじめ西日本の複数の金融機関では既にでんさいサービスを導入しています。
近年では電子債権にも対応したファクタリング会社も台頭しておりますので、通常のファクタリングとでんさい取引のメリット・デメリットを都度確認し、損をしない方法を選択するようにしましょう。