交渉は基本?ファクタリングで買取金額をアップさせるコツ

多くの取引が相手方との信頼関係の上で成り立っている事は言うまでもありません。ファクタリングでも同様に、相手方の信頼を得る事によって買取金額アップの交渉がスムーズに進める事が可能になります。

対面取引だから出来る交渉

価格アップ交渉を行う経営者

ネゴシエーション(交渉)は取引の基本です。
成功している経営者のほとんどは交渉能力やコミュニケーション能力に長けており、特に大阪では企業間でなくとも日常的に値下げ交渉が繰り広げられています。
これらと同じく、ファクタリングの取引に於いても手数料のダウン・買取代金アップといった交渉は果たして可能なのでしょうか?
これにはファクタリングを行う場所の地域性が非常に強く表れています。

福岡県のファクタリングの特徴

人情に溢れる福岡県の商店街

人情を大切にする福岡・九州エリアでは、付き合いや礼儀を大切にするという風潮があり、コミュニケーションを取りながらの条件交渉をするという傾向が特に強く表れています。
ファクタリング取引も同様で、相手方をしっかりと見極め、今後長く付き合っていける業者なのか等を重点的に調査しており、信頼が得られればその分買取額がアップする可能性は大いにあります。

大阪府のファクタリングの特徴

通天閣と周辺の飲食店

冒頭でも触れましたが、大阪と言えば「値切り交渉」が有名です。
ファクタリング取引ではどのようなやり取りが行われているのでしょうか。
大阪府のファクタリング取引に対応しているファクタリング会社に実際の取引の様子をインタビューしたところ、意外な答えが返ってきました。

Q:値切り交渉は可能でしょうか?

答え:ケースバイケースですが、応じる場合もございます。

Q:やはり値切り交渉は多い?

答え:そこまで多くはないですね。値切るシーンとそうでないシーンはしっかりと弁えている方がほとんどであり、極端に値切り交渉が多いと言う印象はありません。

Q:交渉上手な方が多いですか?

答え:多いですね。流石大阪の方といった印象です。が、無茶な事を仰る方がほとんどおられませんので、気持ちよく交渉をさせて頂いております。

値切り交渉を行うイメージが強い大阪ですが、意外にも交渉する方は少ないようで、まずは信頼関係を第一に考える方が多いようです。
地域に応じて交渉出来ると言う点は、東京のファクタリング会社にはない強みと言えるのではないでしょうか。

ファクタリング会社の経営方針も影響

丸とバツが書かれた紙

買取額のアップに応じるか否かはファクタリング会社の経営方針も関係しています。
ある程度価格交渉に柔軟に対応している会社もあれば、全く応じてくれないファクタリング会社もあり、この辺りは実際に利用した方の口コミ等で判断する必要があるでしょう。
また、買取金額アップの交渉は以下の点も考慮されます。

ファクタリングの利用実績

同じファクタリング会社を何度も利用していると、当然信頼関係は向上していきますので、交渉がしやすく、実際に買取金額もアップし易いです。
回数が増えれば増えるほどそれは顕著に表れると言えます。

他社からの乗り換えで優遇

最近良く見られるのが、他ファクタリング会社から乗り換える事で買取金額を優遇するというキャンペーンや経営方針です。
ファクタリングが爆発的に普及した事で競合が増えている事の対策と見られており、数%ではありますが買取金額のアップを狙う事が可能となっています。

買取金額アップの秘訣はやはり“誠実さ”

胸に手を当てるファクタリング会社のスタッフ

ファクタリング会社は、売掛債権の価値だけでなく、交渉を行う企業の担当者(ほとんどは代表者様になるかと思われます)の人柄や人格も見ています。
ファクタリングによって得た金銭の使途は問いませんが、会社の状況をしっかりと伝え「信用出来る会社」という印象を付ける事が出来れば、今後も利用が見込める可能性を鑑み、買取金額の交渉に応じる可能性が高くなります。
相手方の立場になって考えるという“誠実さ”が何よりも買取金額のアップに繋がるのです。