ファクタリングが盛んな地域は?資金調達方法・ビジネス事情まとめ

地域性やビジネス事情を理解した上でファクタリング会社を選ぶ事が、安定した長期経営へと繋がります。西日本エリア各地域の特徴や現況について調査を行いましたので、自社の地域の状況を予め把握しておきましょう。

エリア別で見るビジネス事情!

各地域のビジネスの特徴を見てきましょう!

ビジネスが盛んに行われる地域は、東京だけではありません。
各都市・地方であっても、その地域に応じて盛んな商売やビジネスがあり、各々で習慣やその地特有のルールがあります。
各ビジネスエリアや都市の特徴等についてご紹介したいと思います。

第二のビジネス都市「大阪エリア」

賑やかな大阪・新世界の町並み

京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県と隣接する大阪府は、“大阪都構想”という政策が打ち出される程の東京に次ぐ第二の大都市であり、企業数は31万4145企業で全国2位となっています。
金属製品・機械・プラスチック製品等を作る「産業」も盛んであり、地方都市から働きに出ている方も多い地域と言えるでしょう。
金融業も盛んで、多くの銀行・消費者金融・ファクタリング会社が存在しており、様々な資金繰り方法が見込めるエリアです。

古き良き風習が残る「京都エリア」

風情豊かな古都京都の風景

世界的な遺産が今もなお数多く残る京都府では、3年連続で年間外国人観光客が5,500万人を超えるなど、国内のみならず外国でも有名&人気な観光スポットとなっています。
京都府が調査した統計では「卸売り・小売業」が事業所数3万を超えダントツの1位であり、観光ビジネスが盛んである事が分かります。
宿泊業が次いで事業所数第2位となっておりますが、民泊ビジネスの登場のためか、伸び悩んでいる印象です。
京都エリアのビジネスの特徴・資金繰り方法等について調査を行いました。

飲食・畜産が盛んな「神戸エリア」

神戸ハーバーランドの風景

関西有数の神戸・三宮は、兵庫県の中心地として、ビジネス街・繁華街が栄えてきました。
幕末の兵庫港開港に伴い、西洋文化をいち早く取り入れ、明治時代の古き良き時代の名残も感じさせてくれる、観光地としても大変人気なエリアです。
世界的にも有名な“神戸牛”は、日本人のみならず多くの外国人観光客から愛されており、畜産業・飲食業が盛んである事を窺い知ることが出来ます。
平成8年に比べ、建設業は全体比率7.5%⇒4.5%、製造業は15.9%⇒11.9%と落ち込んでおりますが、サービス業・福祉業は増加している傾向にあります。
厳しい難局を乗り切るために、神戸エリアで盛んな資金調達方法について予め知っておきましょう。

中国地方の中核都市!「広島エリア」

路面電車の走る広島の町並み

自県のみならず鳥取県・山口県・島根県・岡山県の玄関口として栄える広島県は、会社及び個人事業を合算すると8万を超える事業者がおり、100万人以上の常用雇用者数を誇る大ビジネス都市です。
全体事業者数の10%相当が建設業であり、資金調達方法としてファクタリングが多く取り入れられているエリアとなっています。
また、厳島神社や原爆ドームといった観光名所も多く存在し、国内外から多くの観光客が訪れる人気エリアでもあります。

繁華街・商業施設が立ち並ぶ「福岡エリア」

福岡の玄関口・JR博多駅

観光地として盛んな福岡県は、22万4000を超える会社及び個人事業主がいます。
福岡市の博多区及び中央区だけで約4万の事業者がおり、福岡県の5分の1を占めている点が特徴的です。
業種としては卸売業・小売業を営む会社が60,494社と最も多く、ファクタリングが盛んな業種で知られる建設業の19,905社を抑え、トップになっています。
銀行では「福岡銀行」「西日本シティ銀行」の二強となっておりますが、両行とも審査が厳しい事で知られており、資金繰り方法が難しいエリアでもあります。
福岡で事業を始める場合には、予め資金繰り方法を練っておく事を強くお奨め致します。

地域にマッチした資金調達方法を

銀行や消費者金融が少ない地域では、ライバルが少ないためか、これらの金融機関が横柄であるケースが目立ちます。
また、地域によっては、盛んな業種、商習慣、決済のルール等が異なり、これらを良く知っていなければ、本当にマッチする資金繰り方法を導き出す事は出来ません。
まずは地域性に富んだ地元のファクタリング会社へご相談し、自社の資金難の改善を図ってみてはいかがでしょうか。