運送業でファクタリングによる資金調達が有力な理由とは?

ネットショッピングを活用する人が増え続けている昨今、運送業の人手不足が深刻化しています。そのような課題を解決する切り口として期待されているのが「ファクタリング」です。

運送業界の現状とは

運送業の人が仕事をしているイメージ

運送業界の隆盛は、近年のネットショッピングの需要を考えると当然のことのように理解できることでしょう。
しかし、一方で運送業界に深く根差す課題についても、我々消費者が"自分ごと"として考えなければならないほど重要な局面となっています。

特に問題視される「人手不足」に対して、運送料の値上げ等で資金面から真剣なアプローチを見せる運送業界ですが、 ネットショッピングの需要は今後も高まりを見せるなかで、ますます資金繰りの問題解決が重要になるのではないでしょうか。

環境に影響の受けやすい運送業界への有効打

あまりイメージが無いかもしれませんが、運送業界は様々な要因から"急な出費"が生まれてしまう資金繰りが難しい業界になります。
例えば運輸の要となる貨物車に必要なガソリンは、天候・需要・原油価格など様々な要因に左右され日々値段が上下しています。

企業規模ともなれば運輸に用いられる貨物車の数は膨大になり、数円の値上がりが致命的な痛手となってしまう場合も考えられます。
そのような急の出費にも「債権」さえあれば、即時に現金化できる「ファクタリング」を行うことで解決できる場面があるでしょう。

迅速な資金繰りが鍵となる事例

運送業の人がお金を持っている様子

ガソリン等の燃料代を始めとして、運送業界は"突発的にお金が必要になる"ケースが多い業界です。
そんな運送業界だからこそ現金化のスピード感で最有力候補に上がる「ファクタリング」の活用が望まれています。

突発的な交通事故

運送業界は、陸・空・海での物品の運輸を生業としており、我々の身近なところで言うと、主にバイクやトラックなどの貨物車を利用した配達が見受けられます。
移動手段としての乗り物より大きく、路上での停車も頻繁に起こる貨物車はトラブルに巻き込まれる危険性が高いのです。

特に愛知や大阪などの西日本では交通事故件数が多いという結果が出ています。
運送業を営んでいる中で交通事故を起こしてしまった場合は、事故に関わる費用を企業が負担しなくてはいけない場合も多く、急な資金繰りに頭を抱えてしまうかもしれません。

新車両購入やメンテナンス

前述の通り、運送業は主に車両による運輸で業務を行います。
毎日重量のある荷物を乗せて長距離を走る貨物車は、通常の自動車よりはるかに消耗が早く、メンテナンスや新車両への借り換えが短いスパンで行われているのが現状です。

そのためメンテナンス時期が重なってしまった車両の修繕費・点検費を支払うための資金繰りは日々の単位で必要になってきます。

最重要課題の人員確保

運送の仕事において最重要とされるのは車両でもなく燃料でもなく"人材"です。
最近では運送業界の人口減少の煽りを受けて人手不足が深刻になっています。

優秀な人材が現れた際に、絶対に採用の機会を損失したくない運送業界としては、 掛け金の回収期間に悩まされることなく人材採用に注力するためにも、資金調達能力の高い「ファクタリング」が重要になってくるでしょう。

物流の問題に資金繰りから解決を

運送業の人が喜んでいる様子

運送業界は突発的な出費が生まれるケースも多く、資金繰りに工夫が必要な業界とされています。

他の業界と同じように人手不足が悩まれているなかで、 このような問題を解決するためにもファクタリング等の資金調達で地元企業と上手に連携することが重要視されているのではないでしょうか。

地元企業に特化した資金調達の活用

地方圏にお住まいなら"地域密着"で地元に特化したファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。
特に西日本に活動を集中しているファクタリング会社は安心・安全な会社が多く、手数料も安く設定されていることが多い印象があります。

なかでも大阪に支店を持つ「トラストゲートウェイ」や「アンカーガーディアン」は西日本のファクタリング会社としても知名度が高く、西日本でのファクタリングならぜひとも選択肢に加えたい会社になります。
専門的なファクタリングも得意としており、運送業に強いファクタリングは強みとなるでしょう。