東京・神奈川対応ファクタリング会社|方法・金額で選ぶ

ファクタリング会社は現在、東京や神奈川等の「関東エリア」に大手が集中している傾向が見られます。東日本企業はもちろん、西日本企業でも利用しやすい業者を厳選しご紹介いたします。

関東エリア資金調達事情

関東地方の地図

内閣府の公表によれば、GDP(国内総生産)の地域別割合は右グラフの通りとなり、関東圏が40%を占めています。
関西(近畿)エリア16%の2.5倍に匹敵する200兆円となることからも、如何に日本の経済が関東に集中しているかを物語っているでしょう。

では関東圏は景気が良いでしょうか?
残念ながら好景気といえる状況ではありません。
大きな利益をあげているのは一部大企業がほとんどで、中小企業は依然として厳しい経営を強いられているケースが多いのです。

西日本エリアの優良ファクタリング会社を一覧比較

高コストになりがちな首都圏ビジネス

人件費の高騰を続ける関東エリア

東京を中心とする関東・東日本エリアでビジネスを展開するメリットは多々あります。
しかし「コスト」の視点で考えれば“人件費”を筆頭に無視できないデメリットも存在します。
2019年7月時点の東京都最低時給は985円で、大阪の1.05倍福岡の1.21倍となります。

建設業・運送業をはじめ、IT業・派遣業など「人」がメインとなる業種は人件費高騰に悩まされることも多いのではないでしょうか。

ベンチャー企業に厳しい金融機関

金融機関に優遇される大企業

首都圏エリアだからということではありませんが、金融機関は小規模事業者・ベンチャー企業への風当たりが冷たく貸し渋りは年々増える一方…
大手企業相手には大幅な優遇金利を設定する金融機関ですが、中小企業への対応は残酷なものです。

関東エリアでも銀行や信用金庫はあまりあてにできない状態が続いており、比較的資金調達に柔軟な「ファクタリング」が注目されています。

東日本エリアの優良ファクタリング会社

関東エリアのファクタリング会社を一覧でご紹介します。
東京を中心に数多くのファクタリング会社はひしめき合っている東日本では、個人事業主向けの「小口専門」や、一部上場企業に対して有する債権を専門に扱う「大口専門」等、特徴がより色濃く表れています。
以下の4項目から貴社に最もマッチするファクタリング会社を自動抽出するツールを設置いたしましたので、是非お試しください。

業者が多すぎてどこを選べば良いのか分からない…
どのような違いがあるのかが分かり辛い…
とお悩みの企業様は、同ツールでまずは自社にマッチするファクタリング会社を見つけてみてはいかがでしょうか。

※表は⇒方向にスライドできます。

事業者 手数料 対応
スピード
買取可能額 オンライン
契約
対応エリア
東京 南関東 北関東 甲信越 東北 北海道
トラペイのボタン 2%~ 即日〜2日 50〜5,000万円
ファクネットのボタン 2~10% 即日〜2日 〜5,000万円
テックペイのボタン 2~15% 即日〜 〜5,000万円
日本中小企業金融サポート機構のボタン 非公開 数日~数週間 非公開
OLTAのボタン 2社間:2〜9% 最短24時間 非公開
三共サービスのボタン 2社間:5%~
3社間:1.5%~
翌日~5日 3,000万円
(1社につき)
-
えんナビのボタン 5%~ 最短1日 30~5,000万円 -
ベストファクターのボタン 2~20% 即日~3日 30万~1億円 -
ウィットのボタン 非公開 最短即日 30~500万円 -
ファクタリングのTRYのボタン 5%~ 最短即日 非公開 -

ファクタリング会社選びの重要性

ベストなファクタリング会社を選んだ男性

東日本エリアのファクタリング会社は、西日本エリアとは違い“地域密着型”が少ない傾向が見られます。
一方で、ファクタリング会社が非常に多い為、自社にマッチする業者を見つけやすいというメリットもあります。

手数料・スピード・事業形態といった“条件”で選ぶのはもちろんですが、その後どのようなサポートを行ってくれるのかも重要です。
決して焦らず、末長く付き合えるファクタリング会社をじっくりと探してみてください。

地域密着がウリの西日本エリア

関東の会社が全国に目を向けがちなのに対して、西日本エリアは大阪・福岡等を拠点にして地元・地域の中小企業を大切に限定的なエリアで展開する傾向があります。
西日本エリアの会社様であれば、わざわざ関東圏の会社を選ぶよりも地域事情を理解している西日本エリアの会社がマッチするかもしれません。
以下では、西日本エリアを得意とするファクタリング会社10社をご紹介しています。

西日本エリアの優良ファクタリング会社を一覧比較