西日本ファクタリング~売掛金を利用した資金繰りがマッチする理由

事業規模は違っても、資金繰りは企業にとって永遠の課題です。赤字決算・税金滞納・迫る支払い期日…様々な事情が渦巻く中、ファクタリングが支持される要因は一体何なのでしょうか?特にマッチする6業種の特徴をまとめました。

主要産業からみる日本の現状

各地域のビジネスの特徴を見てきましょう!

現在、東日本を始めとして普及した新しい資金調達手段の「ファクタリング」は、福岡や大阪を拠点としている優良な会社の登場により、西日本の産業を支え始めています。
業界の資金繰りや地域活性化など問題解決の実現を助長しているのは間違いありません。
今回は東日本、西日本においての主要な6業界にフォーカスを当て、業界の現状、資金繰り、課題など様々な面から情報を精査しました。
6つの業界を通して見えてきた異なる文化と共通の課題はこれからの地域発展に欠かせないキーワードを我々に与えることとなるでしょう。

建設業

建設現場で仕事をする人

建設業界は、東京や大阪などの大都市よりも、長野県や山形県などの地方圏の方が盛んであることはご存知でしょうか。
その理由は大家族で持家率の高さに起因していると言われています。
中でも日本で最も建設業者が最も多いとされるのは実は「福井県」で、1つ1つの事業者は小規模ながらも、都心よりも活発に事業が営まれているのです。
中小企業の建設業者にとって「資金繰り」は大きな課題であり、ファクタリングが同業界の負の連鎖を断ち切る一打になるかもしれません。

医療・介護業

レントゲンを見ている医者

これまで社会で活躍してきた団塊世代の方々が次々と医療サービスを利用することになれば、医療・介護業界は人手不足・資金繰りに悩まされることでしょう。
首都圏をはじめ、大阪、兵庫、福岡などの西日本を含めた主要都市では大幅な高齢者人口の増加が予測されておりますので、今後の医療業界の諸問題を解決するためには医療に従事する専門家の育成と共に、医療費の大半を占める"診療報酬"の上手な運用が求められます。
医療業界・介護業界の資金繰り方法として、ファクタリングはどのように活用されてゆくのでしょうか。

サービス業

美容師が髪をさわっている様子

サービス業は雇用を創出する上で非常に重要な役割を担っています。
しかし、業界に降りかかる"年々増加する諸経費"に対する問題は大きくなるばかりで、その問題は都市部から離れれば離れるほど顕著に表れています。
さらに、地方部はそれに加えて人手不足などの問題も深刻化しており、商品の仕入れのみならず、募集・広告費といった目に見えないコストも掛かってしまうのです。
そのため、サービス業の資金繰りは、スピードと柔軟性に富んだ方法が求められます。
「売掛金」は多くのサービス業者が有している資産であるため、銀行融資から脱却し、ファクタリングへとシフトする動きが強く見られます。

運送業

荷物を配達している様子

陸便を始め、空便、海便とネットショッピングの普及でかつてない盛況を見せる運送業界ですが、その反面で“人手不足”は深刻な問題です。
また、輸送の際に必ず「燃料」が必要になりますので、業務に関わる諸経費の運用やその不安定さが運送業の大きな課題と言えるでしょう。
日常の経費から突発的な費用を捻出するための新しい切り口として期待されているのが「ファクタリング」を利用した資金繰りです。
今では大阪・京都といった関西エリアから福岡・宮崎等の九州エリアまで、多くのファクタリング会社が存在しておりますので、利用しやすい環境が整っています。
事業の安定・スピーディーな資金繰りをお求めであれば、是非ご検討いただきたい調達方法です。

小売・卸売業

スーパーの店員

2019年10月、遂に消費税が10%に引き上げられました。
その影響を受け、コンビニやドラッグストアなどの日常品を取り扱う業界から、家電量販店やディーラーなどを含む“小売業”まで、国内消費は冷え込みを見せています。
ただでさえ消費の中心が“Amazon”や“楽天”などのECサイト(ネットショップ)にシフトする中、卸売業界はどのように事業を営むべきなのでしょうか。
ネットショップが主流となりつつある昨今、人件費や設備投資などにかかる資金繰り・運用・立ち回り等は非常に重要です。

飲食業

飲食店で働く女性

飲食業界ではファストフードやファミレスなどが売り上げを伸ばす中、同業界も他業と同様に人員不足が叫ばれています。
元々飲食業界は少し特殊な業界性があることでも知られており、離職率が高い・人手が欲しくても人材育成に手が回らないといったように、悪循環に陥ってしまっている状況が多く見られます。
そのため、飲食業界は良い人材を確保するため・定着率をアップさせるためにも、出世させて新規店舗を任せる・独立させる・マネージャーとして複数の店舗を管理させる等、スタッフのやる気が出るシステム作りが重要です。
しかしながら、それに伴う資金繰りもまた悩みのタネであり、資金調達の方法についてはあらかじめ確保しておく必要があるでしょう。

全ての業界で「人手不足」が大きな課題に

仕事が山積みで助けを求める人

「建設業、医療・介護業、サービス業、運送業、小売・卸売業、飲食業」と、日本の産業における主要な業界の現状をご紹介いたしました。
それら全ての業界で共通して言えるのが「人材確保の困難さ」「資金調達方法の確保」が課題となっている点です。
65歳以上の高齢者が占める割合は28.1%(2018年)と、歴代最高数値を常に更新している昨今において、団塊世代の方々が定年を迎えるとますます人手不足が叫ばれることになるでしょう。
この問題は東日本だけにとどまらず、西日本含めた日本全土の企業で同じように解決に向かわなければいけません。
業界内に起こりうる様々なリスクやマイナス要素をしっかりと見つめた上で、資金運用・調達方法を検討するのが望ましいです。