【大阪〜福岡】西日本地区ファクタリング会社比較

昨今新規参入が相次ぎ、数百社が存在するファクタリング業界ですが、そのほとんどが関東圏内をベースにしており西日本エリアに特化した事業者は貴重な存在です。
エリア特化だからできるスピード資金調達

地域密着型ファクタリングメリット

ファクタリング契約に対する不安や不満

「ファクタリング」という言葉が一般的になってから数年、市場には100を超えるファクタリング会社が設立され、利用者側の選択肢は充分に増えました。
しかしながら、地域別に見ると首都圏をはじめ関東圏拠点のファクタリング会社が9割近くを締め、関東以外の利用者は"仕方がなく"遠方の会社と契約しているという状況が否めません。

特に大阪以西の西日本エリアではこの現象が顕著でしたが、昨今では「関西限定」「九州限定」など地元企業に特化してサポートするファクタリング会社が登場しています。
当サイトでは、数多く存在するファクタリング会社の中でも西日本(大阪・京都・神戸・広島・福岡など)に拠点を置く事業者をピックアップし、特徴や評判を比較していきます。

地域別ファクタリング会社の所在のグラフ
関東に引けを取らない西日本の経済力

内閣府の統計によれば2014年度地域別総生産(GDP)は、関東エリア:約205兆円・西日本エリア:約171兆円となり、その差僅か34兆円(16.6%)まで迫っています。
このデータが示すように西日本の活力は莫大であり、東京圏に集中するファクタリング会社の分布は不自然と言わざるを得ません。
同じ西日本エリアの企業同士がファクタリングという手段を通じて助け合い、ピンチを乗り切る!そんな構図を実現できたら理想ではないでしょうか。
※GDPとは…地域内の会社や人が1年間に生み出したモノ・サービスを金額化したもの

では、大阪限定・福岡限定など地域密着型ファクタリングを選ぶメリットは何なのでしょうか?

地域密着メリット① スピードと柔軟な審査

地域密着型ファクタリングのメリットはスピード感

まず、大きなメリットとして圧倒的なスピードが挙げられます。
ファクタリングでは「今直ぐ現金が必要」という一刻の猶予も許さない状況であることが多く、1分・1秒でも早い対応が求められます。

福岡の企業が東京のファクタリング会社と契約をする場合、必要書類の郵送往復だけでも3〜4日のロスが発生し、万が一不備や再送となった場合には1週間以上掛かることも珍しくありません。
一方、同じ福岡同士の企業なら速達郵便を使い当日中に書類を届けることも可能ですし、更に言えば直接ファクタリング会社へ出向き面談・契約を済ませることだってできるのです。
業者によっては、銀行営業時間外や土日だと"現金手渡し"で対応してもらえるケースもあり、会える距離で取引するメリットは大きいのです。

またファクタリング会社側も対象範囲を絞り込むことで審査の効率化・短時間化を実現しています。
大阪に特化した営業スタイルであれば、大阪周辺の企業情報や過去の審査データが蓄積され、売掛先企業名を聞いただけで、ある程度の与信判断ができる。なんてこともあります。

地域密着メリット② 信頼と安心感

信頼性の高いファクタリング会社

2点目は"安心感"です。
融資行為にならないファクタリングは免許や許可が不要で新規参入が容易なため、一定数の粗悪な業者が混じってしまうのは否定できない事実です。
どの会社もHPは綺麗に整備されているので、電話対応だけでそれを見抜くのは至難の業でしょう。
しかし、同じ地域のファクタリング会社であれば面談や訪問により、膝を突き合わせて話を進めることも可能なので相手の態度や人となりから見極めができるでしょう。

また、地域を絞って運営してるが故にファクタリング会社側は"風評"を非常に気にします。
例えば、福岡の建設業者なら同じ福岡エリアで10〜20またはそれ以上の同業者とネットワークを持っています。
一度"悪い噂"が立つと一気に拡散し、「あのファクタリング会社はやめておけ!」という風潮になり兼ねないのです。

このような背景からも、地域密着型ファクタリング会社は信頼のおける存在で、親身で史実な対応をしてもらえる可能性が高いと言えるのです。

地域密着メリット③ 良心的な手数料

首都圏よりも手数料相場の安い福岡・大阪エリア

ファクタリングで重要な手数料(掛け目)ですが、関東圏に比べ西日本エリアは"割安"と言われています。
理由はいくつかありますが、首都圏に比べ人件費や賃料などの経費が安いことや競合会社が少ないため広告宣伝費を抑えられていることなどが主ではないでしょうか。

また、エリア限定という特性からリピート利用や複数月にわたる利用も見込めるため、1契約で多額の利益を上げるよりも中長期な付き合いを前提にした手数料設定と言えるでしょう。
わざわざ手数料相場が高く、物理的距離も遠い東京業者を選ぶ理由はなく、福岡なら福岡・大阪なら大阪と地元に根付いたサービスを優先的に選択することをお奨めします。

ファクタリング【5つのポイント】

既にファクタリングの概要は理解している!という方もいらっしゃるかと思いますが、今一度おさらいを踏まえて”ファクタリングのポイント”を整理します。

①売掛金で現金が手に入る仕組み

ファクタリングの仕組みイメージ

ファクタリングの起源は高度成長期に一般的だった"手形割引"だとされています。
現在では手形取引は減少傾向にあるため、手形に限らず「将来の入金が約束された契約」があれば、その債権(権利)を売却し、現金化するというのがファクタリングです。

平たく言えば、将来入金を約束した請求書や契約書があれば、その売掛債権をファクタリング会社へ売り、入金を前倒しできるという訳です。

細かい部分では、ファクタリングと一口に言っても2社間契約・3社間契約の2パターンがあります。
2社間ファクタリングでは「利用者」と「ファクタリング会社」で契約を結ぶのに対し、3社間では「売掛先企業」を含め3者で契約を交わすことになります。
手数料やスピードの点からそれぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しくは次の記事を参考にしてください。

ファクタリングの流れ図

②どんな場面で利用するの?

ファクタリングの利用シーン

ファクタリングはどのような場面で活躍するのでしょうか?
別称「売掛金買取」と呼ばれることから、ファクタリング利用においては売掛金を持っていることが前提となります。
そのうえで、直近のキャッシュフローを補う事業資金調達手段となるのです。

ケースA

ローンやリースの支払い期限が迫っているが、手元に現金がない…

翌月末入金予定の売掛金をファクタリングで現金化し、支払いに充てた。

ケースB

大規模案件の受注が重なり、資材購入など出費が嵩み事業資金が枯渇した…

ファクタリングにより入金を前倒し、乗り切ったことで結果的に経営拡大の弾みとなった。

ケースC

事業資金調達の一貫として銀行融資の審査を進めている最中、急な出費で資金がショートした…

ビジネスローンや消費者金融によるつなぎ融資も考えたが、メインの融資審査に悪影響が生じるリスクがあったため、銀行にバレない(融資ではないため)ファクタリングを選択。

③銀行融資・ビジネスローンとの違い

メガバンクの外観

最も多い質問の一つですが、同じ事業資金調達の目的でも銀行融資やローンとは異なります。
特に融資に対するメリットとしては次の3点が挙げられます。

借入ではない

前述したとおり、ファクタリングは売掛債権の売却であり、ファクタリング会社との契約は「売掛債権譲渡契約」となります。
一方、銀行融資・ビジネスローン・消費者金融などは全て"融資"となるため「金銭消費貸借契約」を結びます。
同じ現金調達の目的でも契約形態が異なるため、決算書上も負債を増やすこと無く事業資金を手に入れることができますし、信用情報(KSC・JICC・CIC)が更新されることも無いので今後の銀行審査やローン審査に影響を与えないのです。
借入の取引履歴は取引開始日から5年間保管されるため、安易な借入行為は将来的に経営の足かせとなるリスクがあり、一時的なキャッシュフロー改善であれば敢えてファクタリングを利用する経営者が増えているのです。

審査が柔軟

銀行の融資審査が数週間〜1ヶ月以上であるのに対し、ファクタリングは概ね2-3日で早ければ即日審査完了というスピード感です。

何故これほど迅速な審査が可能なのでしょうか?
実は、ファクタリングで重要視しているのは"売掛金の信頼性"であり「売掛先企業が請求書や契約書の通り支払いを行えるか否か」を見極めています。
つまり、利用者側の会社が赤字であろうが自転車操業であろうと審査に直接的な影響はないのです。

担保・保証人不要

事業資金調達で課題になることの多い担保や保証人の問題ですが、ファクタリングではこれらが不要です。
繰り返しになりますがファクタリングは売掛債権の売却となるため、万が一引き渡し後に売掛先が倒産したり未払いを起こしても利用者が責任を負う必要はないのです。
専門用語では「ノンリコース型契約」と言われ、同様のケースでも返済が必要となる売掛担保ローンとの違いはまさにここだと言えます。

④ファクタリングの注意点

ファクタリング契約の注意事項

メリットばかりに見えるファクタリングですが、注意点もあるので契約前にしっかり理解しておいてください。

二重譲渡

二重譲渡と呼ばれる行為で、一つの売掛金を複数ファクタリング会社へ重複して譲渡してしまうケースです。

「100万円の売掛金しかないのに、A社へ80万円・B社へ50万円の売却を行った。」
これは二重譲渡の代表的なパターンですが、100万円の債権しか持たないのに130万円分の譲渡契約を結ぶことになり、悪意があるとみなされれば詐欺罪が成立し利用者側が刑罰を問われる可能性があります。

割高なコスト

ファクタリングは最短当日に事業資金調達できる特性がありますが、金融機関の融資に比べれば調達コストは割高と言わざるを得ません。
借入の場合は"利息"、ファクタリングでは"手数料"と呼んでいますが、同一額を調達する場合コスト面では不利になることが多いです。

⑤ファクタリング利用可能な業種

ファクタリングに適した業界

結論から言ってしまえば、ファクタリングはオールマイティで売掛債権さえ存在すればどのような業種でも利用可能です。
その中でも、実態としてはやはり建設業や運送業が大きな割合を占めています。
入金サイクルが長い、人件費や資材費など出費が多いというのが主な理由ですが、特にファクタリングの性質とマッチした業種と言えるでしょう。
昨今ではIT業や広告代理店、人材派遣業、輸入代理業などの利用も増えており業種を問わず活用される事業資金調達方法となりました。

西日本エリアのお奨め事業者一覧

ファクタリングの利点と"地域密着型ファクタリング会社"を選ぶ理由をご理解いただけたかと思います。
では具体的にどの会社へ相談・申込をしたら間違いないのでしょうか?
大阪・神戸・福岡と西日本エリアに拠点を置く貴重なファクタリング会社を「対応エリア」「買取可能額」「契約スピード」などで一覧比較しました。

※表は⇒方向にスライドできます。

事業者 手数料 対応スピード 買取可能額 対応エリア
大阪 京都 神戸 広島 福岡
トラストゲートウェイのボタン 2社間:10〜25%
3社間:3〜8%
即日〜2日 50〜5,000万円
アンカーガーディアンのボタン 2社間:10〜30%
3社間:3〜10%
即日〜 最大5,000万円
アルシエ株式会社のボタン 2社間:2.5%〜
3社間:1.5%〜
即日〜7日 50万円〜1億円 - -
PMGファクタリング大阪支店のボタン 非公開 即日〜 5,000万円
近畿大阪銀行のボタン 非公開 即日〜 上限無し(与信審査で変動) - - - - -
ビートレーディング大阪支店・福岡支店のボタン 与信審査で変動 2日〜 100万円〜3億円
関西ファクタリング・大阪のボタン 非公開 2日〜 30万円〜1億円
SMBCファイナンスサービス大阪支社のボタン 非公開 7日前後 上限無し(与信審査で変動) - - - - -
オリックスのボタン 非公開 7日前後 5,000万円
ジャパンマネジメント福岡オフィスのボタン 3%〜 即日〜 50〜5,000万円
各社の特徴を比較

福岡から西日本全域をカバートラストゲートウェイ

トラストゲートウェイのサイトキャプチャ

本拠を福岡に構える株式会社トラストゲートウェイは、九州エリアはもちろん、関西・四国を含む西日本エリア全てを網羅するファクタリング会社です。
50~100万円の小規模な資金調達から5,000万円の大規模な資金調達までに対応しており、個人事業主から大会社までに対応する多様性・汎用性に富んだ万能型のサービス内容となっています。
ファクタリング手数料3%~というリーズナブルな費用も魅力的!

「初めてでどこを選べば分からない…」
「他社からの乗り換えを検討している」
「親身になって相談に乗ってくれるファクタリング会社を選びたい」

という方又はお会社様は、まずは同社に相談してみると良いでしょう。

地元密着に拘ったファクタリングアンカーガーディアン

アンカーガーディアンのサイトキャプチャ

“地元密着型ファクタリング会社”をお探しなら、株式会社アンカーガーディアンを強くお奨め致します。
全国対応を売りにするファクタリング会社が多い中、利用者又は利用会社の社長の「人間性」を最重要視し、対面取引を基本としているため、福岡周辺では絶大な信頼を得ており、その人気は西日本全体に広がりつつあります。
ファクタリング手数料が非常に低い”という点に加えて、最短翌日振込という“スピーディさ”は、地元にとことん拘った株式会社アンカーガーディアンならではの強みと言えるでしょう。

関西エリアに特化!アルシエ株式会社

アルシエ株式会社のサイトキャプチャ

大阪市に本拠を構える「アルシエ株式会社」は、業種を問わない汎用性と、“50万円~1億円”という幅広い資金調達に対応した“資金力”が魅力です。
大阪・兵庫・京都・奈良県の会社に対しては訪問によるファクタリングサービスを提供しており、併せて資金改善プログラムの提案も行っています。
万が一にも安心なノンリコースプラン(償還請求権無し)も用意されており、大規模な資金繰りの際にも安心のファクタリング会社と言えるでしょう。

大手ならではの安心感PMGファクタリング大阪支店

PMGファクタリング大阪支店のサイトキャプチャ

PMGファクタリング(ピーエムジー株式会社)は東京を本社に構えるファクタリング会社ですが、大阪支店を中心に西日本でも現在人気が高まっています。
全国のほとんどを網羅しているため、“地域性”が乏しいのでは?という印象を受けますが、決してそんなことはありません。
西日本エリアならでは習慣法やその地域の職業をしっかりと理解した上で、利用する企業に対し、最もマッチする資金繰り方法を提案しています。

西日本エリアのビジネス事情

日本経済の3割以上が集中する西日本エリアの中でも、大阪・京都・神戸・広島・福岡は特に企業や人が集中するエリアとして知られています。
それぞれに地域特性があり、ファクタリングとの関わりを踏まえて解説いたします。

ファクタリングで失敗しないために

売掛金さえあれば、数日で事業資金を調達可能なファクタリングですが、悪質業者に引っかかると経営そのものを破滅させてしまう危険性もあります。
闇金業者がファクタリング会社の仮面を被り営業し法外な手数料を請求したり、最終的には融資を提案され違法金融に手を染めてしまう人もいます。

悪質なファクタリング会社に騙された被害者

当サイトでは、ファクタリング業界に蔓延る悪徳業者の手口を公開すると共に、一人でも被害者を減らしたいと考えています。
また、闇金業者のように明らかに法を犯している輩以外にも、合法の範囲内で高額手数料を請求し利用者を破滅に追い込んだり、ヤラセランキングや自作自演ブログにより巧みに集客を行っている会社も存在します。

少しでも「怪しいな?」と思ったら以下の内容を確認いただけたらと思います。

悪徳ファクタリング会社の注意点と対処法