ファクタリング関連ニュースから経済情報までをお届けするコラム

発展を続ける西日本の経済情報をまとめたページです。また、ファクタリングに関する時事的ニュースや銀行・大手金融機関に関するニュース等も随時発信しております。気になる記事がございましたら是非チェックしてみて下さい。

時代に乗り遅れない!西日本経済の“今”をcheck

経済に関連したニュースをお届け!

経済発展を続ける福岡・大阪・広島・神戸を始め、観光業が大きく伸びている京都、銀行の経営統合が予定されている九州エリア、と、西日本経済は今目まぐるしく変化しつつあります。また、資金調達のシーンでは従来の手形取引からファクタリングや電子決済といった次世代の手法が次々に台頭してきており、最新の経済ニュースは経営に携わる方であれば常にアンテナを張っておくべきです。当ページでは、西日本の経済情報のみならず、AIやフィンテックといった最新技術、ファクタリングや“でんさい”と言った経営に役立つニュースをコラム形式で発信しております。気になる記事がございましたら、是非ご覧下さい。

東京オリンピックの影響

東京オリンピックの公式ロゴ

2020年開催の“東京オリンピック”ですが、全国で何と32兆円を超える経済波及効果があるとの発表が東京都よりなされました。西日本エリアでは観光業を中心に大きな効果が得られると予想されておりますが、建設業や派遣業といった幅広い業種へ高い経済効果が期待出来そうです。どのくらいの効果が期待されるのか?最も恩恵を受ける業種は?東京オリンピック・パラリンピックが西日本経済に与える影響について解説致します。

大阪万博が与える経済効果

大阪万博の展示予想図

2020年の東京オリンピックに続き、2025年になんと1970年以来となる「大阪万博(日本万国博覧会)」の開催が決定しました。大阪はもちろん、西日本にも大きな経済効果を及ぼすとみられる大阪万博ですが、最も需要が高くなるとみられる職種は何なのでしょうか?また、6,421万人が来場した70年万博を超える事は出来るのでしょうか?予想される来場者数や受ける経済効果を、試算・解説を交えながらご紹介致します。

遂に福岡銀行でも開始!「でんさい」とは

債権の流動化に鑑み、手形を電子化したサービス「でんさい」が全国的に広まりつつあります。今もなお多くのビジネスシーンで用いられる手形ですが、日本最初の手形取引所が大阪にあることはご存知でしょうか?でんさいを売却する際の割引率(手数料)や、ファクタリングとの法的性質の違いについて解説したいと思います。