作成者別アーカイブ: admin

ソーシャルビジネス“進化”アカデミー

Published / by admin

一般社団法人DSIAは、株式会社イトーキ・オフィス総合研究所との共催で、以下のようにソーシャルビジネス“進化”アカデミー【全6回】を2015/12/12〜2016/05/14の期間で開催します。

詳細はアカデミーSBSAをご覧ください。

ビジネスパーソンは、どのように社会に変化をもたらせるのか?
~部署/組織/セクターを超えた仲間でSocial Innovationを起こすワークショップ~

第1回 2015年12月12日(土)
トークセッション:ソーシャルイノベーションとは何か
ファシリテーター:鈴木 崇弘 氏・谷口 政秀 氏・内藤 達也 氏・亀田 和宏 氏・島 裕 氏・服部 篤子 氏<タイムスケジュール>
13:30~13:35(5分)  ご挨拶(全体説明)
13:35~14:30(55分) 基調鼎談(ソーシャルイノベーションとは何か)
14:30~14:45(15分) 休憩
14:45~16:15(90分) 「編集的創造性」ワークショップ
16:15~16:30(15分) 休憩
16:30~17:30(60分) パネルディスカッション(ビジネスパーソンは、どのように
社会に変化をもたらせるのか?)
※終了後、B1Fの「世界食堂」にて懇親会を予定しています。

お申し込みはこちらからお願いします。

復興に向けて

Published / by admin

東日本大震災の復興にむけて、長い道のりを加速化するために、民間のリソースを集めるしくみを考えたいと思います。

1、「そらキッチン」プロジェクト
2、「復興のタネ」プロジェクト

1、そらキッチンプロジェクト

企業と社会セクターの連携による「都市間循環型スキーム」の構築にむけて一緒に取り組みませんか。
「プラカデミアサロン」から生まれた「そらキッチン」(二子玉川の「カタリストBa」を拠点)にて進めてまいります。
クリエイティブシティを目指して再開発が活発化しているエリアです。
以下、開催するイベントのテーマの1つとしても話し合いをはじめます。
サイトはこちらです。
————————————————————–
国際大学GLOCOM イノベーション行動科学フォーラム
『組織をイノベーションに向かわせるゲーム思考:
―「HUB型ソーシャルラボ」と「フューチャーセンター」への誘い―』
————————————————————–

■野村恭彦(GLCOM主幹研究員/富士ゼロックスKDIシニアマネジャー)
 服部篤子(CAC―社会起業家研究ネットワーク代表/DSAI常任理事)
■日時:2011年4月26日(火) 15:00-18:00 ★3月23日から再設定★

================================

■会場:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
 港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2F
(http://www.glocom.ac.jp/access/)
■参加費:無料
■定員:50名(定員となりましたので締め切らせていただきましたが、キャンセル待
ちは受付中)

2、<復興のタネ> 日本が復興(新興)するための中長期的な政策アイディアプロジェクト
賛同者の一人として参加していきます。
詳細は、以下のサイトをご覧ください。

地域イノベーション研究会

Published / by admin

地域イノベーション研究会 in 浜松
日時:3月26日(土)
会場:アクトシティ・ホテルオークラ「桜」

 大震災を経験した日本、私たちは、それぞれの地域で改めて、地域を強化するためのネットワークを考えたい、と、地域イノベーション研究会を開催しました。初回は、浜松の絆塾とDSIAの共催で、ソーシャルビジネスの視点から地域を改めて考えました。
地域に芽生えるソーシャルビジネスをどのような連携で育てることができるのか、
若手にどのように機会と舞台を与えることができるのか、
地域にとって異質なリーダーはいかに地域で事業を推進していくことができるか、
様々な意見を交換しました。

地域の実態を地域が認識しうる調査の実施、
地域を超えた地域間連携の模索、
リーダー同士の連携を可能にするしくみ、
地域を俯瞰できる人材の育成
など今後の課題を抽出しました。

 また、高知からゲストスピーカーとして参加いただいた「84プロジェクト」の兼松副代表は事例を紹介。地域のストーリーとデザイン性を重視したユーモアのある多様な挑戦と、そのしかけによって住民がより自信をもち、行動をともに興すことで地域の心が強まることを伝えてくれました。